トピックス

移転価格

税務当局は移転価格調査官の数を増員しており、納税者にとって移転価格リスクはもはや無視できない課題となっています。移転価格文書化にかかる負担は増大しているものの、独立企業原則、その適用方法、検証期間及び統計的手法についても、幅広いコンセンサスがあることから、納税者は対策を講じることが可能です。移転価格算定方法としては、純利益に基づく方法が一般に認められるようになり、その選定がより柔軟になってきています。

詳しくは、以下のウェブサイトをご覧ください。