サービス

持続可能なサプライチェーン管理体制構築支援業務

私たちを取り巻く製品は、世界からの原材料調達、労働集約の結果としてもたらされ、生産ネットワークは年々複雑化しています。安価で変化の速い大量消費需要に対応するため、原材料調達現場では大規模な自然破壊、資源の独占、経済格差、現地住民への人権侵害、仕事を求め移動する人の流れが生まれ、生産現場では労働者の酷使、安全軽視、強制労働、児童労働、環境汚染などの課題が発生しています。

企業では、製品の持続可能な安定供給(QCD)のため、また企業の評判を維持し取引先の要求に対応するため、効果的・効率的な管理体制の構築、調達活動が不可欠となっています。そのためにも、安定した労働力の維持、適切な処遇を目指すサプライチェーンCSRの活動は、不可欠なものと言えるでしょう。

詳しくは、新日本有限責任監査法人ウェブサイトをご覧ください。