業種別

Global Corporate Divestment study: Oil & Gas(2015年3月:英語)

EY Global Corporate divestment StudyはFT Remarkとの提携により、毎年事業売却に関する調査を実施し、分析結果をまとめています。質問は主に事業売却に関する戦略や、事業ポートフォリオの見直しに関するもので、同時に事業売却を成功させるためのノウハウについての考察も提供しています。

2015年版の調査は、2014年11月から2015年1月までの間に、Americas、Asia Pacific、EMEIAの年間売上が10億米ドルを超す企業トップ800名超を対象として行われました。これらの回答者は自社の事業ポートフォリオ見直しに関する知識や経験を持つとともに、過去3年間に1度以上の大規模な事業売却に関与した経験があり、85%がCEO、CFOなどの経営幹部レベルにあります。

本稿はこの中から100名の石油・ガスセクターのトップの事業売却に関する質問と回答、そして分析結果を抽出しています。

石油・ガスセクターの事業売却の主な特徴として、以下が挙げられます。

  • 原油価格の下落により、石油・ガス企業は保有資産の見直しを余儀なくされており、回答者の59%が事業売却を実施する主な理由として競争力の向上を挙げている。
  • 石油・ガス企業は中核事業に集中するために事業売却を実施しており、44%が「直近の事業売却は中核事業とは関連のない事業」だとしている。また、38%が直近の事業売却で得た利益をコアビジネスに再投資している。
  • 石油・ガス企業の回答者の43%が、直近の事業売却の決定は「モノ言う株主」の影響を受けたものだとしており、4分の1超が、過去1年間に自社がその標的になったと述べている。
Global Corporate Divestment study
Oil and gas
Global Corporate Divestment study
Volatile markets require active portfolio management