業種別

石油

石油業界は、グローバル市場や世界経済の変動、世界の需給や代替エネルギー、環境規制など様々な課題にさらされています。これらの課題に対応し、変化の時代を勝ち抜いていくためにEYの石油産業に特化したナレッジをご活用ください。

ナレッジ

Taking on the commodities challenge:Managing the risks, seizing the opportunities(2015年4月:英語)

本稿はEYのFinancial Accounting Advisory Services(FAAS)の一部であるコモディティ・マーケッツ・グループが提供するサービスの4つの主要な領域(financial、compliance、operations、strategic)と、企業が取り組むべき課題、EYの実績について解説しています。

A new energy world: Why costs matter in an era of resource abundance?: Canadian energy survey (2015年4月:英語)

原油価格が下落する中、石油・ガスセクターのビジネスモデルは構造上の変化が進行中です。本稿はカナダのエネルギー関連企業のエグゼクティブ130名超を対象にエネルギーのコスト管理に関する調査を行い、そこから得た結論と洞察をまとめたものです。

Review of the UK oilfield services industry (2015年3月:英語)

本稿は英国で登録され、年間売上高が1,000万ポンドを超える石油サービス会社(OFS)390社にサーベイを行った結果をまとめた"Review of the UK oilfield services industry"の2015年版です。

Resilience in a time of volatility: oil prices and the energy industry(2015年3月:英語)

今後の原油価格の動向は石油・ガス業界関係者共通の関心事項です。本稿はこれまでの原油価格決定の背景を解説するとともに、今後の原油価格の動向について、1バレル当たり65~75米ドル、75~85米ドル、85~95米ドルの3通りの価格シナリオを提示しています。

Oil and gas transactions review 2014 - Canada: From scarcity to abundance (2015年3月:英語)

本稿はカナダの石油・ガスセクターのM&Aの動向と実例を、資源別・サービス別に解説したものです。かつての「リソース不足」モデルから、「リソース過剰」モデルへと構造転換が進んでおり、「コスト重視」「グローバル化」「イノベーション」の3つが加速するとみられます。

Global Corporate Divestment study: Oil & Gas (2015年3月:英語)

EY Global Corporate divestment Study は FT Remark との提携により、毎年事業売却に関する調査を実施し、分析結果をまとめています。本稿はこの中から100名の石油・ガスセクターのトップの事業売却に関する質問と回答、そして分析結果を抽出しています。


新日本有限責任監査法人ウェブサイトの業種別IFRS解説では、石油業界に特有のIFRSに関する論点を解説したEYの刊行物をご紹介しています。