業種別

医療法人に対する税務アドバイザリーサービス

医療法人を取り巻く税制は、ますます厳しさを増しています。2014年4月には5%から8%へ、さらに2015年10月には10%へと増税が決定された消費税の影響については、従来から医療法人の経営上の重荷となっていた損税問題が2倍の規模となってのしかかってくる可能性があります。また、平成21年度税制改正により導入された非上場株式等についての相続税等の納税猶予制度について医療法人は対象外とされるなど、事業承継をめぐる税制措置も必ずしも十分とはいえるものではありません。

ヘルスケアセクターでは、医療法人の税制及び事業承継税税制に精通した税理士が、消費税、法人税等などの申告書作成といった一般的な税務サービスから、社会医療法人への移行なども含めた相続・事業承継対策といった専門性の高い税務サービスまでの幅広い税務サービスを提供して、このような厳しい環境の中での生き残りを図る医療法人を税務面からサポートいたします。

※税務業務のサービスは、EY税理士法人で実施いたします。

詳しくは以下のPDF資料にてご覧いただけます。