業種別

医療法人向け会計監査

法人経営の透明性確保に向けた会計監査

公益事業である医療業を継続的・安定的に提供するためには、信頼性の高い財務諸表等を作成することで、医療法人の財政状態・経営成績を正確に把握し、医療法人としての財政基盤・経営状態を健全に維持する必要があります。

近年、医療法人が健全かつ適切に業務運営を行うために、経営の透明性の確保及びガバナンスの強化が求められてきました。これを受け、医療法人の経営の透明性の確保等を目的とし、平成27年9月に医療法が改正され、一定規模以上の医療法人に対して会計基準の適用・外部監査及び計算書類の公告、関係事業者取引報告制度が導入されました。

弊監査法人では、独立の第三者である職業的会計専門家が財務諸表等の信頼性に対して意見を表明しております。医療機関に精通した公認会計士が、各医療法人における経営環境・管理体制に応じたリスクアプローチにより、効果的・効率的な会計監査を実施します。

会計監査を通じて財務諸表等の信頼性を確保し、医療法人の経営の質的向上・透明性確保に寄与することを目的として、監査業務を実施しています。

詳しくは以下のPDF資料にてご覧いただけます。