業種別

健康保険組合の財政シミュレーションサービス業務

近年、多くの健康保険組合の財政状況は悪化しています。健康保険組合連合会が発表した「平成25年度健保組合予算早期集計結果」によりますと、平成25年度は、健康保険組合全体で4,573億円の赤字となる見込みで、6年連続で3千億円超の赤字となっています。

現在、多くの健康保険組合で保険料率が引き上げられておりますが、今後も高齢者医療に対する負担増や、組合員の高齢化による財政悪化が予測されます。これは日本の医療制度全体が抱える問題であり、必ずしも個々の健康保険組合における自助努力のみで解決できるものではありません。

しかしながら、保険料率の引き上げは母体企業にとって、費用の増加に繋がります。思わぬタイミングで大きな保険料率の引き上げが必要になった場合、企業財務への影響は非常に大きなものとなります。

このような状況においては、あらかじめ将来の財政を分析し、コントロールしながら運営することが重要となります。

私たちは、健康保険組合の将来シミュレーションを通じて、健康保険組合の運営および企業のリスクマネジメントをサポートします。

詳しくは以下のPDF資料にてご覧いただけます。