業種別

消費財/小売

消費財(Consumer Products)業界を取り巻く事業環境は、国内消費の減少、消費者ニーズの多様化、デジタライゼ―ション、流通チャネルの変化、原料コスト上昇、関税の撤廃、サプライチェーンにおける社会的責任の高まりなどに直面しています。このような中、企業は、グローバル競争において生き残るため、これら変化の兆しをいち早く捉え、リスク許容度を高め、ビジネスモデルの変革に取り組んで行くことが求められます。

EYは、グローバルで消費財・流通セクター(Consumer Products & Retail Sector)チームを設置し、世界に在籍する業界プロフェッショナルが連携し、食品、飲料、日用品・化粧品及びたばこ企業に対し、業界関係者から入手した最新の業界特有の課題や知見を幅広く収集・分析し、独自のインサイトをクライアント企業及び社会に対して提供しています。

日本においては、EY Japanのメンバーファームのアシュアランス、アドバイザリー、税務※、トランザクション分野における業界専門チームが、グローバル消費財・流通セクターチーム及び世界150ヵ国のEYグローバルネットワークと緊密に連携し、クライアント企業の戦略、組織、オペレーション、財務・税務等の課題解決に貢献しております。

※ 日本ではEY税理士法人が税務サービスを提供いたします。

ナレッジ ~業界に関する深い洞察

Consumer Products and Retail Transaction Insights - Q2 2015

Companies in the consumer products and retail sector are being disrupted by changing consumer needs, volat&A deal value: they helped drive companies to make strategic decisions about their portfolios -- acquiring and divesting assets in search of sustainable profitable growth.

オムニチャネル時代のためのサプライチェーン再構築

EY では、2014年冬にグローバルに展開する消費財メーカー・小売企業の世界的なリーディングカンパニーを対象に、The Consumer Goods Forumとの共同で、新たなオムニチャネル時代において成長と収益性を共に実現するために必要なサプライチェーン上の課題と成功要因を探る調査を実施しました。本レポートは、これらの調査結果を基に、変化し続ける消費者ニーズに対応する上で企業が直面している課題を明らかにしながら、利益創出の実現に向けた洞察を取りまとめています。